三井住友銀行カードローンは総量規制の対象?

三井住友銀行カードローンは総量規制の対象?

貸金業法という法令が2010年6月18日に完全に施行されました。
多重債務の問題を解決するために施行され、貸金業者に対し様々な制限を課しました。
高すぎる金利を規制したり、貸金業を経営するための参入条件まで厳格化されました。
これにより、多重債務に苦しむ人たちの負担が軽減され、借りる側にとってカードローンの利用がより安心できるものになりました。

 

そんな中で、借りる側にとってもデメリットとなりうる「総量規制」という項目があります。
これは、個人の借入総額が年収の3分の1までしか認められないというものです。

 

年収300万円の方であれば、100万円までしか借入ができないということです。
年収の3分の1以上のお金が急に必要になった場合でも、総量規制が対象のカードローン会社からは、それ以上の借入はできないということになります。

 

しかし、この総量規制は銀行にからの借入や銀行のカードローンは対象外となります。
つまり、三井住友銀行のカードローンは総量規制の「年収の3分の1までしか借入ができない」という制限はないということです。

 

ただ、注意しなければならないのは、総量規制の対象外というのはあくまで法律上の制限であるということです。
三井住友銀行の審査に通らなければ借入することができないということを忘れてはいけません。

 

総量規制がネックになっていて、希望する金額での申込が出来なかったという方は審査だけでも受けてみることをおすすめします。
三井住友銀行のカードローンであれば低金利でありながら、消費者金融に劣らない即日対応をしてくれますよ。