三井住友銀行カードローンの年齢制限

三井住友銀行の年齢制限は?

カードローンを利用する場合、どの会社でも年齢制限が必ず定められています。
〇歳から〇歳という具合に、若い方でも年配の方でも借りられない可能性がありますので年齢制限については必ずチェックしておきましょう。

 

三井住友銀行のカードローンに申し込みができるのは、20歳以上69歳以下の方です。
69歳以下ということは、69歳の人は申し込み可能です。

 

国内に存在する全てのカードローンに年齢制限はありますが、会社によって何歳まで利用できるかは異なります。
多くの金融機関で65歳までと定められていることが多いです。
そんな中で69歳まで利用できる三井住友銀行のカードローンは高年齢の利用者にとってはかなり嬉しい条件となっています。

 

借入をした以上、返済しなければならないのは何歳でも同じなのに、なぜこのような年齢制限が定められているのでしょうか。

高年齢者が借入できない訳

年齢制限の上限が65歳や69歳に定められている理由は、貸し倒れのリスクを最小限にとどめる為です。
高齢者になっても現役でバリバリ働いている方もいらっしゃいますが、多くの方は定年を迎え、収入は年金だけになるという方も多くなります。
また、働いていたとしても歳をとればとるほど病気やケガのリスクも高くなります。

 

最初は借りたお金をなんとか返すつもりでいたとしても、返済ができなくなってしまう可能性が非常に高いのです。
70歳に達してしまったが、どうしてもお金を借りる必要があるという方は、親せきやご友人を頼るしかないというのが現実です。

20歳未満は法律で借入することが禁止されています。

下限の制限についてはほとんどの会社が20歳以上となっています。
というのも、20歳未満の方は法的に借入することができないからです。
これは金融機関側が決めることはできないのでどうしようもありません。

 

様々な理由があってお金が必要という方もいらっしゃると思いますが、決して名前も聞いたこともないような中小の会社から借入をするのはお勧めしません。
優良な会社が無いとは言い切れませんが、金融の素人に見極めをすることは極めて困難です。
カードローンを利用する場合は必ず名の通った大手の金融機関から借入するようにしましょう。