三井住友銀行カードローン:審査〜在籍確認〜即日融資

三井住友銀行のカードローンで即日融資は可能か?

三井住友銀行のカードローンは他社のカードローンと比べ様々なメリットがあります。

  • 金利が安い
  • 返済日が選べる
  • 即日融資可能

 

他社の銀行系のカードローンでは、その銀行のキャッシュカードを持っている場合に限り即日融資可能という縛りがあったりします。
三井住友銀行のカードローンではキャッシュカードがない方でも即日審査&即日融資を受けることは可能です。

 

当サイトでは三井住友銀行のカードローンで即日融資を受けるための申込の手順や注意事項をご紹介します。

目次

1.申込をするための条件

 

2.即日融資について
 ・用意するもの
 ・申込方法
 ・WEBを利用した即日融資の手順

 

3.借入方法について

 

4.返済方法について

 

5.三井住友銀行のカードローンはこんなあなたにおすすめ!

1.申込をするための条件

三井住友銀行のカードローンは残念ながら誰でも申し込めるというわけではありません。
条件をクリアしているかどうか確認しておきましょう。

 

20歳以上69歳以下であること

年齢制限があります。
20歳に満たない方と70歳以上の方は申込できません。

 

安定した収入があること

安定した収入とは、毎月コンスタントに給料が入るということです。
フリーターの方等、金額は少なくても大丈夫です。
専業主婦(主夫)の方はご本人の収入はないので借入はできません。

 

保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス)の保証が受けられること

この項目についてはピンとこない方が多いのではないでしょうか。
難しく考える必要はありません。
申込をして、審査に通れば保証会社の保証が受けられるということになります。
三井住友銀行自身が審査を行うのではなく、他社に委託しているというだけのことです。

 

使い道が事業性資金以外であること

使い道は基本的に自由ですが、事業性資金はNGです。
あなた自身の事業以外のことに使いましょう。

 

本人の申し込みであること

誰かの代わりに申し込むことはできません。
必ず本人が申込をするようにしましょう。

2.即日融資について

即日融資に向けて迷わずに進めたい方の為に詳細な手順を解説します。

 

用意するもの

 

身分証明書

必ず必要となります。

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)

その他、健康保険証等で代用可能かどうかは
カードローンプラザ 0120-923-923
に電話して確認する必要があります。

 

年収が確認できる書類

借入限度額50万円を超える方は必要となります。
一番確実なのは前年度分の源泉徴収票でしょう。
もし用意できなければ、直近の給与明細(賞与が年2回以上ある場合はどちらも)が必要です。

 

申込方法

三井住友銀行の口座を持っている方

既に三井住友銀行の口座をお持ちの方はインターネットでの申込をして審査に通れは、カードの受け取りをせずにお手持ちのキャッシュカードで借入ができます。
公式サイトにアクセスをして
「口座をお持ちの方はこちら」
から申込を行ってください。

 

口座を持っていない方

三井住友銀行の口座を持っていない方は下記の方法で申込が可能です。

  • PC・スマホ
  • 24時間申込可能です。
    審査結果の連絡は9:00〜21:00です。
    審査に通ったと連絡があったらローン契約機まで行き、カードの受け取りまで済ませれば即日融資可能です。

     

  • ローン契約機
  • 申込からカードの受け取りまでをローン契約機だけで完結させることも可能です。
    しかし、契約機の込み具合により時間が読めないので、インターネットの環境がある人はPCかスマホでの申込をおすすめします。

     

  • 電話
  • 電話をかけてオペレーターの人に必要な情報を伝えて申込をします。
    相談をしながら申込ができるというメリットがあります。
    PC・スマホでの申込と同じく、審査結果の連絡の後ローン契約機まで行く必要があります。
    人と話をせずに契約をしたいという方はPC・スマホでの申込がおすすめです。

     

  • 郵送
  • 申込用紙を近くの三井住友銀行まで貰いに行きます。
    必要事項を記入し、身分証明書を同封し、郵送をして申込を行います。
    じっくり考えながら申込をしたい人向けの方法です。

     

  • 窓口
  • 三井住友銀行の窓口でも申込をすることは可能です。
    直接人と対面して話をするので、誰とも会わずに申込したい人には不向きです。
    カードの受け取りは窓口ではなく、郵送かローン契約機のどちらかです。

郵送の場合は即日融資はできません。

 

それ以外の方法では、当日中に審査が完了し、ローン契約機にてカード受け取りが出来れば(原則21:00まで)即日融資可能です。

 

WEBを利用した即日融資の手順

  • 24時間申込可能
  • スマホがあればどこでもOK
  • 誰とも会わずに完結できる

これらの理由から、当サイトではPC・スマホでの申し込みをおすすめしています。
これから詳しく手順をお伝えします。

 

 

三井住友銀行の公式ホームページにアクセスする

 

「口座をお持ちでない方はこちら」を選択

※既に口座をお持ちの方は「口座をお持ちの方はこちら」を選択して進めてください。

 

規約をよく読み問題がなければチェックをして同意して次へ進む

 

通常お申込を選択

かんたんお申込はおすすめしません

30万円までのお申込みの場合はかんたん申込と言って、入力項目が少ない方法も選べるのですが、あまりおすすめはできません。
通常の入力項目は約35個(状況によって変動します。)ですが、かんたん申込にした場合に減るのは8項目だけです。
私の場合、通常申込で入力にかかった時間は7分です。
審査が緩くなるわけでもありませんし、通常申込の方が金利が安くなる可能性があるので、通常申込を選択しましょう。

 

項目を入力

  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • 最終学歴の卒業年月日
  • メールアドレス
  • 家族構成
  • (配偶者の名前)
  • (配偶者の生年月日)
  • (配偶者は申込のことを知っているか)
  • 三井住友銀行との取引の有無
  • 自宅住所
  • 住まいの種類
  • 自宅電話の有無
  • 携帯電話番号
  • 勤め先名称
  • 勤め先住所
  • 勤め先電話番号
  • 勤め先業種
  • 勤め先社員数
  • 勤めの形態
  • 職種
  • 役職
  • 入社年月
  • 年収
  • 保険証種別
  • 給料日
  • 現在の借入件数
  • 他社借入金額
  • 希望額
  • 利用目的
  • カード受け取り方法(ローン契約機を選択!)
  • 希望連絡先
  • 好きな言葉2〜6文字
  • 何を見て申込をしたか
  • 定期購読している新聞

 

入力したら「ご確認」を選択

入力した内容を確認して、問題が無ければ申込を確定させます

 

在籍確認

三井住友銀行のカードローンでは、勤め先への在籍確認が必須となります。
例えば土日は誰も出社していないという場合は確認が取れないので、審査結果の連絡は週明けになります。

 

電話かメールで審査の結果連絡が来る

審査の結果連絡がメールか電話で9:00〜21:00に連絡が来ます。

 

ローン契約機のある場所まで行く

無事審査が通ればあとは契約とカードの受け取りをローン契約機で済ませます。
お近くの契約機が設置してある場所に営業時間内に行きましょう。

 

ローン契約機検索はこちら

 

身分証明書と、限度額300万円以上の方は収入証明書が必要です。
忘れずに持っていきましょう。

 

全国の提携ATMで借入可能!

3.借入方法について

借入の方法は銀行口座の有無で変わります。
カードローンのみの場合はATMでの借入のみとなります。

 

ATMでの借入

三井住友銀行はもちろんですが、コンビニ等全国の提携ATMで借入が可能です。
ローソンATM、セブン銀行ATM、イーネットATMが利用可能なので、たいていのコンビニでは利用できますね。

 

SMBCダイレクトを利用

インターネットバンキングを利用している方のみですが、「振込・振替」の際の出金口座としてカードローンを選択することができます。
カードローンの口座のみの方は利用できません。

 

自動融資(バックアップ)

普通預金口座を持っていて、手続きを行った場合のみ利用可能です。
三井住友銀行の普通預金口座から自動引落で公共料金等の引き落としがあったにもかかわらず残高が不足していた場合に、不足分を自動的にカードローン口座から借入を行うサービスです。

4.返済方法について

返済の期日については下記4つから選択することができます。

  • 毎月5日
  • 毎月15日
  • 毎月25日
  • 毎月月末

25日が給料日の方は月末にしておくのがおすすめです。

 

返済方法については3種類ありますが、カードローンのみ利用の方は、借入の時と同じくATMを利用しての返済となります。

 

 

ATMでの返済

借入の時と同じく、全国の提携ATMで返済が可能です。
返済期日までに借入残高に応じた金額を返済します。
余裕がある月は余分に入金してもOKです。
早く返済が完了すれば、その分総支払額は少なくなります。

 

SMBCダイレクトで振り込み

三井住友銀行の口座を持っていて、SMBCダイレクトを利用できる方は、カードローン口座へ振り込みをするという形で返済が可能です。
自宅にいても返済処理が行えるので便利ですね。

 

口座振替

指定の期日までに返済の入金がなかった場合、預金口座から自動的に引落されます。
預金口座の残高が不足しないように気をつけましょう。

5.三井住友銀行のカードローンはこんなあなたにおすすめ!

三井住友銀行のカードローンは、金利重視の方にも早く借りたい方にもおすすめできます。

 

銀行系ならではの低金利

通常の消費者金融からの借入では、ほとんどが年利〜18%に設定されており、安くても〜17.8%というところばかりです。
三井住友銀行のカードローンは年4.0〜14.5%の金利なので、上限金利だとしても3%以上安く抑えることができます。
金利の安さは、最終的な総支払額で計算すると侮れない額になります。
きちんと比較して選ぶようにしましょう。

 

即日融資可能

銀行系のカードローンは金利が安いところが多いですが、その代わり即日融資ができない場合も多いです。
三井住友銀行では営業時間内であればその日のうちに借入が可能です。
お金が必要な時というのはたいていすぐに必要ですよね。
選ぶ基準としては重要なポイントです。

 

返済日を選べる

毎月5日、15日、25日、末日の中から、自分のライフスタイルに合わせて返済期限を選ぶことができます。
給料日の少し後に設定しておけば、急ぐこともなく余裕をもって返済が可能です。

 

 

口座を持っていても持っていなくてもオススメ

三井住友銀行の口座を持っていればインターネットバンキングを使えるなどのメリットがさらにありますが、口座を持っていなくても他社と比べるとメリットは多いです。
しっかり他社と比較して申込をしてくださいね。